合宿免許の宿泊施設について

合宿免許は2週間程度、ホテルや専用宿舎で泊まりがけで免許を取ることになります。
従来の合宿免許では宿泊施設が合宿所のような大部屋が多かったのですが、現在では個室が用意されることが多く、中にはホテルなどと提携して宿泊施設を持たない合宿教習もあります。

合宿所が用意されている場合は朝昼晩の食事がつくことが多いですが、部屋に自炊設備が付いているケースも増えています。



2週間程度の長期間の利用になりますが、清掃も行き届いており、男女分けもしっかりしているので安心して利用することができる体制が整っています。

三重の合宿免許について知りたいならこちらです。

合宿免許ではホテルなどと提携することが増えていますが、この場合、観光施設に近い場合が多いです。


2週間前後、旅行している気分で免許の取得ができるのも嬉しいところです。


合宿免許によっては教習の合間に利用出来る観光施設の割引券などももらえることが多く、周囲の観光施設を回ることもできます。

合宿免許では朝からしっかりカリキュラムが組まれていることが多いですが、休息日を設けることも多いです。

ただし、カリキュラムが遅れている場合、特に実習が遅れている場合には休みも返上で行わえれるケースも多いようです。

一般的な教習所と違い、決まった宿泊日数を超えると追加料金となるので、遅れないようにカリキュラムをこなせる体制がとられることが多くなっています。

ただし、乗越があっても追加料金が掛からないことが多く、安心してしっかり学べます。